2013年2月25日月曜日

春のきざし ~やぼろじガーデンより

北国には今年一番の大寒波が来ているそうで
この冬はとりわけ寒さが厳しいと言われているのですが、
はて、ここ数年の冬はどうだったかなぁと思うと
やっぱり同じくらい寒かったような気がします。
おととしの3.11以降の寒さは、今も鮮明に覚えています。

それでも立春を過ぎて、日はぐんぐん伸びてきて、
植物たちは確実に春をとらえて芽や花をふくらませてます。

見ていると、なんとなくこちらも春の準備を急かされているような
気持ちになってきます。



やぼろじでは、庭の紅梅、白梅、しだれ梅 が
次々と咲き始めています。
この紅梅の上品で深い紅色の花は、
木造平屋の建物によく似合っている気がします。
 
紅梅は枝を折ると、枝の断面も赤いのをご存じですか?
全身で赤い色素を作り出しているんですね。
花の時期じゃなくても、花の色を判別できる裏技です。
 
梅の木の下に植わっているのはクリスマスローズ。
うつむいてますが冬の陽をいっぱい浴びて、
けなげに花を咲かせています。
 
次はスイセン、ムスカリ、チューリップ、
花のリレーが待ち遠しいです。
やぼろじへ春を感じにきてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿