2016年12月10日土曜日

庭を持つ本当の目的



12月1日号の雑誌ブルータスは庭特集。

その中に素敵な文章を見つけたので、
忘れないように残しておこうと思います。

文章を寄せているのは建築家の阿部勤さん。

ご自身で設計された自邸で40年以上続けられてきた、
庭仕事の経験からつむぎだされた言葉です。

私自身、庭づくりをさせてもらった後、日々こつこつ庭を育てられている
お客さまたちからも、同じようなことを学ばせてもらっています。

-------------------------------------------------

大事なのは関わりを持つこと。

場というのは、深く関わりを持ったときに、自分のものになる。

それは何でも同じで、庭も日々関わることで自分の庭になる。

家や庭の手入れって、できるだけ避けたいことのように思われがちですが、
手入れをすることで愛着が湧き、居心地がよくなる。

手入れの大切さは生活の大切さ、それが庭を持つ、
本当の目的でもあります。



-------------------------------------------------

庭以外のことについてあてはめても、
ぐぐっとおなかにくる言葉であります。

普段の仕事で庭が完成したあとは、年1回以上
手入れに入らせて戴くことをお勧めしていますが
日常のお手入れの主体は庭の持ち主(お客さま)
なので、自分から自然に手入れしたくなる庭を
つくることが、プロとして庭をつくる上で
大切なことだとも思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿