2015年2月18日水曜日

雑木と小道を楽しむ庭 ~施工事例



完成から半年以上寝かせてしまいましたが、
昨夏手がけたお庭を紹介したいと思います。

静かな住宅街で、中古住宅をリフォームして住まわれているお客様。
庭には前の持ち主の方が植えていた植物たちが茂っていました。
生かせる植物はなるべく残しつつ、自然な雰囲気がお好きなお客様からのリクエストから、涼しげな雑木を中心とした自然な雰囲気のお庭をめざしてプランしました。

道路に面した駐車場脇のスペースは、西向きで日当りがよく、こちらのお宅の顔になる場所。奥行き感を出し、日々の手入れがしやすくなるように自然石の小道をつくることにしました。

施工後のようす 1






施工前のようす 1

施工中 1
職人さんが1枚ずつ石を据え付けています






施工後のようす 2







施工後のようす 3



小道の脇にはアオダモ、ソヨゴ、ツリバナ、ナツハゼなどの株立ちの雑木を、その株元にはミツバツツジやシモツケなどの低木、ギボウシなどの宿根草を植えました。
玄関を出て毎日ここを見る時に雑木林の中にいるような、深呼吸したくなるようなイメージをふくらませながら・・・

もともと植わっていた下草は生き生きしているものが多かったので、株分けや間引きしながら、新しい植物と組み合わせてできるだけ残しました。

植物たちは正直に、その場所が好きかどうか、全身で表現して教えてくれます。
無理をさせるとこれまた正直に、だんだんとおとろえて消えてしまうもの。
自然にはあらがえないなぁ、と草花を育てていて感じます。


小道の奥は、建物脇で細長く、あまり日当りのよくない場所。コンクリートの平板の飛び石の脇に、カイヅカイブキが並び、足元にはシダやユキノシタなどが生えていました。

1階の部屋の窓からの眺めを、外からの視線が気にならずに緑が楽しめる風景にとのご要望から、木製フェンスと日陰を好む植物たちを組み合わせ、しっとりした空間づくりをめざしました。既存の平板は、ゆるやかなラインに配置し直して再利用しました。

施工前のようす 2
施工中のようす 1

施工後のようす 4

施工後のようす 5



施工後のようす 6

フェンスの手前には、やさしい枝ぶりのコハウチワカエデとハイノキ。
足元にはツワブキ、トクサ、ヤマアジサイなどとと、もとから植わっていたシダやヤブソテツ、そして庭石。
そこにあるものをどう活かすかが庭づくりの大きな楽しみです。

この冬を越して、力をたくわえた植物たちが、春からどんなふうに育っていくのか、想像するとわくわくします。

お客様と職人さんたちと一緒に、また楽しい庭づくりさせていただきました!

2015年2月9日月曜日

やぼろじに春やってきてます

今日は今年はじめてのやぼろじガーデンワークの日。
ここの広い庭を、ご近所のガーデンボランティアさんたちにご協力いただいて、お手入れ作業しています。

今日の作業は、枯れた宿根草の地上部の刈り取り、
ハギの枝の刈り取り、クレマチスやバラの枝剪定、施肥,etc.

今の北庭の様子はこんな感じ。
全体に枯れ色で閑散として寂しいけれど、、
小さな芽がふくらんだり、球根が芽吹いてたりしてるのを、目をこらしながら見つけるのがひそかな楽しみ。



真ん中やや奥に立っているのはミモザ(ギンヨウアカシア)の木。
今年はたくさんの黄色いつぼみをつけています。
去年はうまく咲かせられなかったので、この花を待ちわびてました。
もうすぐ満開になったらどんな景色になるのかな?




そして今はバラの手入れの季節。
どのあたりに花を咲かせようか想像しながら、
去年伸びた枝を、いい芽の上でさっぱりカット。
外は寒いし時々トゲがささって痛いけど、楽しく大好きな作業です。

育ててみるとバラはとても生命力が強く、たくましく、日当りと手入れのコツさえつかめば、とても育てやすい花木です。
何より花が咲いた時の感激が大きい!

下は、今日枝の剪定と誘引を済ませたツルバラ。
一見ただの枯れ枝ですけど、春の姿をお楽しみに!




そしてやぼろじの庭の目玉はやっぱり梅。
まずは紅梅が少しずつ咲き始めましたー。
寒い時期に咲く梅は、ぽつりぽつり少しずつ咲くので
じっくりながーく楽しめるのがうれしいですね。



深いワインレッド色の紅梅。
うっとり眺めにぜひいらしてください。